オンテックスの室外工事

夫婦

外断熱塗装

オンテックスで行われている室外工事はたくさんありますが、そんな中でも最近は外断熱塗装が人気です。外断熱塗装は断熱以外に、騒音防止と断熱効果に秀でている塗装です。それだけではなく、3mmの超厚膜塗装でカビやシロアリを防ぐことができます。腐朽菌やカビ・シロアリなどの発生を減らし、家の長寿命化の期待ができます。勿論断熱性もとても高く、冷暖房に掛かるエネルギーを節約することもできます。

屋根の遮熱塗装

次いで人気のある施工に、屋根の遮熱塗装があります。屋根は太陽光を遮るものがなく、太陽光に晒され続けてしまいます。複数回建ての建物に住んでいるとよく、最上階と他の階で温度差があるということもあります。遮熱塗装にはそうした温度差を無くし、室内温度のクールダウンさせる目的があります。室内温度がクールダウンするのに合わせ、冷房もフル稼働をさせる時間が減ることで節電効果も期待できます。使用する塗料は日射反射率の非常に高いものを利用していて、水性のため安全性も高くなっています。水性なら、施工後に高温の物質が接触した後でも引火などの危険性はありません。熱だけではなく、雪や急激な温度差にも対応できる塗料になっていて、広く注目を集めています。

屋上の防水塗装

屋根がない家の場合、屋上が平坦になっているという事も多いでしょう。平坦な屋上の場合、経年劣化によって水捌けが悪くなったり、浸水して雨漏りが出たりする場合があります。そういった時には、屋上の防水塗装が最適です。塗膜防水は液状のために屋上が複雑な形をしていても対応することができ、継ぎ目ができることもありません。施工の手順としてはまず清掃を行い、錆や塗膜の剥離している部分を除去します。除去後に既存下地と主材を定着しやすくするために下地材を塗っていきます。そして防水塗装剤をその上から塗って、雨が浸水しないように厚みをつけてから主材を塗っていきます。主材が乾いたら完了となり、露出したままでも一般歩行ができるようになります。

外張り断熱

塗装を行うだけではなく、貼ることで断熱するタイプの施工もあります。高い断熱性によって夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。オンテックスでは独自の通気工法を採用し、耐水性も向上していて結露による被害や凍害の可能性も低くなっています。また、外壁に貼り付けていくことになるため、外観の印象を変えることもできます。断熱化をしながら外観も変えたいといった場合に最適です。

外装デザイン工法

塗装工事でよりデザイン性のある住宅にしたいという場合にも、オンテックスは対応できます。天然石を張ったような外観にできる塗装方法もあったり、外壁をタイル調に仕上げる塗装などもあったりして幅広いデザイン性があります。他にも、レンガ調のタイルを貼り付けることによって、外壁にアクセントをつけたりする事などもできます。吹き付け塗装や塗装に合わせて貼り付けたりするだけで、お洒落な外観の住宅を作り上げてみてはいかがでしょうか。